ブロント サウルス。 【古生物紹介】アパトサウルス(ブロントサウルス)

ブロントさんとは (ブロントサンとは) [単語記事]

ブロント サウルス

()に展示の T. Edmarka et al. "Brontoraptor" et al. 化石はアメリカ、とで発見されている。 現在のところに分類され、 Torvosaurus tanneriと Torvosaurus gurneyiの2種が含まれている。 最初1979年に Torvosaurus tanneri が命名された。 tanneri は全長は約10 mの大型でがっしりとした体格をもつ、二足歩行の肉食動物である。 当時としては最大の肉食動物であり、(実際にはの大型の個体である可能性がある)やも同時代の同じ自地域に生息していた。 現在は第2の種 Torvosaurus gurneyi とされている標本は、当初全長11 mに達すると主張されたものの、その後これより小さなものであることがわかっている。 骨の形態からは短いながらも非常に強力な腕を持っていたと考えられる。 ポルトガルで発掘されたトルヴォサウルスは10歳の男の子が頭骨の一部を発見した のに展示の T. tanneriの復元頭骨 トルヴォサウルスの化石は北アメリカとポルトガルで発見されている。 1971年にコロラド州、 ()のVivian JonesはにあるCalico Gulch Quarryで巨大な1本の獣脚類の親指の鉤爪を発見した。 そして、この化石をの古生物学者ジェームス・ジェンセンに見せた。 Vivianの夫Daniel Eddie Jonesは同様の化石を発見するために、ジェンセンを ()へと案内した。 ここでは後にスーパーサウルスや多数の巨大な獣脚類の化石が発見されており、であることが分かっている。 1972年からジェンセンとKenneth Stadtmanによるドライ・メサでの発掘が行われた。 そして1979年におよびジェンセンによりトルヴォサウルス属およびタイプ種 T. tanneri の命名、記載が行われた。 さらに1985年には頭骨の要素を含む追加の化石がジェンセンにより報告された。 コロラドで発見された化石については、その後さらに1991年にBrooks Brittより再記載が行われている。 M T. gurneyi と T. tanneri の上顎骨の比較 である BYU 2002は当初、と下腕(および)であると考えられた。 にはいくつかの胴椎と骨盤、および手の骨が含まれている。 1985年に記載された化石が加えられた時点で、まだ発見されていない主な部分の骨は肩帯と脛だけであった。 最初にCalico Gulch Quarryで発見された鉤爪である標本BYUVP 2020はドライ・メサから195 km離れた場所で発見され、同一の種のものであるか不明なため暫定的にこの属のものとされた。 ホロタイプおよびパラタイプは少なくとも3個体(2個体の成体と1個体の幼体)のものである。 1991年にBrittはホロタイプの前肢の骨はすべてが同じ生物のものである証拠が無いと結論し、この中から左上腕骨をに指定した。 この他にいくつかのばらばらの骨や遊離歯がアメリカの他の発掘地で発見され、トルヴォサウルスのものとされている。 1992年にワイオミング州 ()で大型獣脚類の化石が発見され、らにより エドマルカ・レックス( Edmarka rex)と命名された。 この種はトルヴォサウルスのとみなされることが多い。 同じ場所で発見された同様の化石には Brontoraptor というが与えられている。 2000年にはポルトガルで発見された大型獣脚類の化石が ()と ()により Torvosaurus sp. と分類された。 2006年にはポルトガルの ()で大型獣脚類の化石が発見され Torvosaurus tanneri に分類された。 しかし、この標本は2012年にMatthew Carranoらにより Torvosaurus sp. 以上には詳細に分類することは出来ないと結論された。 2013年には獣脚類の卵と胚の化石がポルトガルから報告され、トルヴォサウルスのものとされている。 2014年にポルトガルの種は新種とされ、に献名して T. gurneyi と命名された。 この種は今までにヨーロッパで発見された中では最大の獣脚類である。 特徴 [ ] T. tanneriの生態復元図 トルヴォサウルスは非常に大きな捕食者で、 T. tanneri 、 T. gurneyiともに全長は最大で10 m、体重は4-5 tと推定されており 、ジュラ紀最大の肉食動物であった。 もっと大きかったという主張がなされることもある。 シノニムと思われる Edmarka rex はに匹敵する大きさであったという仮定で命名されたものである。 同様に"Brontoraptor"は巨大サイズのトルヴォサウルスであると考えられた。 ポルトガルで発見された T. gurneyi は最初、もっと大きなサイズであると推定されていた。 2006年に脛骨の下端である標本ML 632が発見され Torvosaurus sp. とされた後、 T. gurneyiに分類されている。 そして、この標本から当初は全長は11 mと推定された。 Andersonの方法に従い、哺乳類での大腿骨の周長と体重の相関をトルヴォサウルスに適応した結果、体重は1930 kgと推定される。 gurneyi と T. tanneriを識別する特徴は歯の数のと口の大きさと形状の違いである。 tanneri では上顎骨に11本以上の歯があるのに対し、 T. gurneyiではこれより少ない。 gurneyi の復元骨格と人の大きさ比較。 色の付いている部分が化石の発見されている部分 トルヴォサウルスは口吻部が細長くて狭く、側面から見ると大きな鼻腔のちょうど上にこぶがある。 口吻部の全端部の骨であるにある3本の歯はかなり平らで、やや外側を向き、歯冠の前縁が隣接する歯の歯冠の後縁の外側と重なっている。 は高さがあり、少なくとも11本のかなり長い歯がある。 は比較的短い。 は上部に独特の涙骨突起があり、側面から見て下端が広くなっている。 は上下幅があり下端は尖っている。 頬骨()は長く、横方向に厚みがあった。 の下側前面は雫型のくぼみによって空洞となっていて、 ()との接触面となっている。 頸椎と前方の胴椎は比較的曲がりやすいボール-ソケット状の関節になっている。 椎体の前面のボールは広い縁があり、 Brittはのような状態と表現している。 尾の基部は上下幅があり、が前後方向に太く、尾は上下方向にはあまり曲がらない。 上腕は太く、下腕は太く短い。 親指の鉤爪がCalico Gulch Quarryの標本と同じように特に細長いものであるかどうかは不明である。 骨盤では、腸骨はメガロサウルスのものに似ており、前部の刃状突起は上下幅があって前後には短く、後部の刃状突起は長く尖っている。 骨盤は全体として大きく、とは恥骨の後ろ側と坐骨の前側の外縁で互いに接触し、下側が閉じたアーチを形成している。 系統と分類 [ ] 1979年にガルトンとジェンセンによって最初に記載された際には 、トルヴォサウルスはに分類され、今日ではこの分類が受け入れられている。 最初の記載の後、1990年には ()らによりに分類され 、2003年にはOliver Walter Mischa Rauhutにより基盤的な ()に位置づけられ 、1994年には ()により非常に基盤的なと位置づけられたが 、これらの分類は現代の系統解析によって支持されているものではない。 ジェンセンは1985年にトルヴォサウルスを独自の科であるトルヴォサウルス科(Torvosauridae)に分類した。 この分類は とマテウス に支持されたものの、トルヴォサウルスはより古い時代の属であるに近縁であり、おそらくはそのありメガロサウルス亜科(Megalosaurinae)に含まれるため、メガロサウルス科のとなるトルヴォサウルス科は不要なものとされた。 しかし、メガロサウルスのタイプ標本は非常に断片的であり、メガロサウルス属が確定不能なとみなされる可能性がある。 この場合トルヴォサウルス科がメガロサウルス科の代替の名として使用される可能性がある。 トルヴォサウルスはメガロサウルスに近縁であるものの、より進歩的もしくは派生的であるようにみられる。 科より大きなクレードとしては一般的に基盤的テタヌラ類な分枝とされ、カルノサウルス類やよりほど派生的ではなく、に近縁であるとみなされている。 gurneyiの尾椎 記相(diagnosis)とは生物種(分類群)を他の全ての生物から正確に識別するための解剖学的特長の説明である。 全てではないがいくつかの記相となる特徴はである。 固有派生形質とはその生物種あるいは分類群のみで獲得された識別可能な固有の解剖学的特徴である。 Carrano et al. 2012 に従えばトルヴォサウルスは以下の特徴により識別される。 非常に浅い ()がある(貫通した上顎骨窓がない)• 癒合した歯間板がある• 胴椎の後部および前部の尾椎の椎体に含気性の窩が広がり、細長く深い開口部となっている。 puboischiadic plateが高度に骨化している(この骨は一対の骨の板であり、骨盤の両側で結合して骨盤全体の下側を閉鎖している。 非常に原始的な特徴であり、ガルトンとジェンセンはこれを獣脚類は多系統で、カルノサウルス類が肉食性のから独立に進化したものであることを示す特徴であると考えた )。 側面方向から見るとの骨幹の遠位の膨大部に目立った側面正中方向の隆起があり、輪郭が楕円形である。 頸椎は後凹型( )で椎体前部のボール状突起の周りに目立った平らな縁がある Rauhut, 2000による。 胴椎の神経弓の ()の前に ()がある Rauhut, 2000による。 シノニム [ ] エドマルカ・レックス ( Edmarka rex)はワイオミング州 ()で発見された獣脚類に対して、1992年にロバート・バッカー、Donald Kralis, James SiegwarthおよびJames Fillawasが新属新種として命名したものである。 この種と Torvosaurus tanneri は頬骨の特徴で識別され、この骨に原始的な特徴と進歩的な特徴の両方があるとバッカーらは示唆している。 この他に肩甲-烏口骨、肋骨、恥骨も同じ論文に記載されている。 バッカーらはエドマルカの大きさに強い印象を受け、「この大きさは全長ではティラノサウルス・レックスのものに匹敵し、およそ肉食恐竜の大きさの限界値なのではないか」と指摘している。 しかし、現在ではほとんどの研究者によりこの標本は Torvosaurus tanneri のものであると考えられている。 ワイオミング州で発見された別の標本には1996年にエドマルカの記載者らにより「 ブロントラプトル」(" Brontoraptor")という非公式の名前が与えられている。 この名は公式な出版物による発表が行われておらず、1990年代においてはのままであった。 名前はロバート・バッカーによるつけられたものであり、原稿はオンライン上で流布された 現在ではこの標本は一般に Torvosaurus tanneri のものであるとみなされている。 生態 [ ] T. gurneyiの歯 卵と卵生 [ ] 胚の化石の注意深い研究から胚の経時変化や恐竜の各系統での発生過程の違い、繁殖行動、親による世話などについての情報が得られている。 この発見により大型獣脚類はである、つまり卵を産み、胚は雌の体外で発生が進むという仮説が強く支持された。 この標本は2005年にオランダ人のアマチュア化石収集者Aart Walenにより、ポルトガル西部にある ()の河川堆積物から発見された。 この堆積物の年代はジュラ紀後期、約1億5200万年前から1億4500万年前と考えられている。 この発見は以下の複数の理由により古生物学上重要である。 a 今まで知られている中で最も原始的な恐竜の胚である。 b 今までに知られている唯一の基盤的獣脚類の胚である。 c 化石化した卵と胚が一緒に見つかることは稀である。 d 初めて発見された1層構造の殻を持つ獣脚類の卵である。 e d により特定のグループの獣脚類の骨学をこの新しい卵の殻の形態と結び付けることが可能である。 この標本は現在、ポルトガルの ()に収蔵されている。 この卵がどのような状況で親に放棄されたものかは不明であるため、トルヴォサウルスの親が卵や子供の世話をしたのか、産卵後短期間で卵から離れてしまうものなのかは今のところ不明である。 生息環境 [ ] 発見地と年代 [ ] の T. tanneriの鉤爪の Torvosaurus tanneri のタイプ標本である BYU 2002はコロラド州、モントローズ郡にあるブラッシー盆地部層に属すで発掘されたものである。 この標本は1972年にジェイムズ・A・ジェンセンとKenneth Stadtmanにより中粒もしくは粗い砂岩から収集されたものであり、年代はジュラ紀後期から、1億5300万年前から1億4800万年前のものである。 現在はユタ州、にあるに収蔵されている。 北アメリカでの生息地と動物相 [ ] の中のトルヴォサウルスの発見された層についてのの研究から、この時代のこの地域には西部から盆地へと流れ込む川や塩分を含みアルカリ性の湖があり、広大な湿地が広がっていたことが示唆される。 コロラド州西部のドライ・メサ恐竜発掘地はジュラ紀後期のものとしては世界で最も多様な脊椎動物の化石の産地である。 ドライ・メサで発掘された恐竜の化石としてはの、、、、、、の、、のおよび獣脚類の、、などがある。 この時代の植物相としては、、、、、、、およびいくつかのの科の化石が発見されている。 動物の化石としては、、、、などの両生類、、、、陸生および水生の、数種類の、、 ()、などの初期の哺乳類などが発見されている。 ヨーロッパでの生息地と動物相 [ ] T. gurneyiのものとされる大腿骨と脛骨 ロウリニャン層もモリソン層と同じくキンメリッジアンからチトニアンにかけての地層である。 海岸の環境であり、総じて海洋の強い影響が見られる。 植物相、動物相ともモリソン層のものに非常によく似ている。 トルヴォサウルスはここでは明らかにであった。 またアロサウルス( A. europaeus)やケラトサウルスといったモリソン層の属のヨーロッパでの類似種もこの地に生息していた。 獣脚類では他にも生息していた。 ()がこの地域の最大の竜脚類であり、その他の竜脚類としてはのやも生息していた。 この他の恐竜としてはのと、の、カンプトサウルスに近縁なイグアノドン類である ()も生息していた。 ロウリニャン層は海洋性の地層であるため、サメ、プレシオケリス科のカメ、 ()の海生ワニの化石も発見されている。 参照 [ ]• ; Mateus, O. 2014. Evans, Alistair Robert. PLoS ONE 9 3 : e88905. Galton and J. Jensen. 1979. A new large theropod dinosaur from the Upper Jurassic of Colorado. Brigham Young University Geology Studies 26 1 :1-12• and 1980. Abridged Edition. United Kingdom: Oxford University Press. , 1985, "Uncompahgre dinosaur fauna: A preliminary report", Great Basin Naturalist, 45: 710-720• , 1991, "Theropods of Dry Mesa Quarry Morrison Formation, Late Jurassic , Colorado, with emphasis on the osteology of Torvosaurus tanneri", Brigham Young University Geology Studies 37: 1-72• Bakker, R. , Siegwarth, J. , Kralis, D. , 1992, " Edmarka rex, a new, gigantic theropod dinosaur from the middle Morrison Formation, Late Jurassic of the Como Bluff outcrop region", Hunteria, 2 9 : 1—24• ; Benson, R. ; Sampson, S. 2012. "The phylogeny of Tetanurae Dinosauria: Theropoda ". Journal of Systematic Palaeontology 10 2 : 211—300. doi:10. 2011. 630927• Redman, P. , 1995, Paleo Horizons, Winter Issue• Mateus, O. 2000. Torvosaurus sp. Dinosauria: Theropoda in the late Jurassic of Portugal. 115-117• , Walen, A. , and Antunes, M. 2006. "The large theropod fauna of the Lourinha Formation Portugal and its similarity to that of the Morrison Formation, with a description of a new species of Allosaurus. " New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin, 36. Beckmann, N. Alves 2013 Filling the gaps of dinosaur eggshell phylogeny: Late Jurassic Theropod clutch with embryos from Portugal. Scientific Reports 3 : Article number: 1924 doi:10. 1988. Predatory Dinosaurs of the World. 282. Siegwarth, J. , Linbeck, R. , Bakker, R. and Southwell, B. , 1996, "Giant carnivorous dinosaurs of the family Megalosauridae", Hunteria 3: 1-77• Sci-News. com. 2014年3月6日. 2014年3月8日閲覧。 Molnar, S. Kurzanov, and Z. Dong. 1990. "Carnosauria". In: D. Weishampel, H. Dodson eds. , The Dinosauria. University of California Press, Berkeley• Rauhut. 2003. The interrelationships and evolution of basal theropod dinosaurs. Special Papers in Palaeontology 69:1-213• Holtz, 1994, "The phylogenetic position of the Tyrannosauridae: implications for theropod systematics", Journal of Paleontology 68 5 : 1100-1117• Sereno, J. Wilson, H. Larsson, D. Dutheil, and H. Sues, 1994, "Early Cretaceous dinosaurs from the Sahara", Science 266 5183 : 267-271• Carrano, Benson and Sampson, 2012. The phylogeny of Tetanurae Dinosauria: Theropoda. Journal of Systematic Palaeontology. 10 2 , 211-300• The interrelationships and evolution of basal theropods Dinosauria, Saurischia. dissertation, Univ. Bristol [U. ], 1-440. Bakker, R. , D. Kralis, J. Filla, 1992. Edmarka rex, a new, gigantic theropod dinosaur from the middle Morrison Formation, Late Jurassic of the Como Bluff Outcrop Region. Hunteria 2 9 : 1-24. Siegwarth, J. , Linbeck, R. , Bakker, R. and Southwell, B. 1996. Giant carnivorous dinosaurs of the family Megalosauridae. Hunteria 3:1-77. Long, J. Heterochrony: The key to dinosaur evolution. in The Dinofest International Wolberg, D. , Stump, E. , eds. 113—123 Acad. Nat. Sci. Phil. , 1997. Balanoff, A. , Norell, M. , Grellet-Tinner, G. Digital preparation of a probable neoceratopsian preserved within an egg, with comments on microstructural anatomy of ornithischian eggshells. Naturwissenschaften 95 , 493—500 2008. Varricchio, D. et al. Avian paternal care had dinosaur origin. Science 322 , 1826— 1828 2008. Jensen and J. Ostrom. 1977. A second Jurassic pterosaur from North America. Journal of Paleontology 51 4 :867-870• Richmond, D. and Morris, T. , 1999, Stratigraphy and cataclysmic deposition of the Dry Mesa Dinosaur Quarry, Mesa County, Colorado, in Carpenter, K. , Kirkland, J. , and Chure, D. , eds. , The Upper Jurassic Morrison Formation: An Interdisciplinary Study, Modern Geology v. 22, no. 1-4, pp. 121—143. ; Litwin, Ron; Hasiotis, Stephen T. ; Evanoff, Emmett; Carpenter, Kenneth 2006. In Foster, John R. ; and Lucas, Spencer G. eds. Paleontology and Geology of the Upper Jurassic Morrison Formation. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin, 36. Albuquerque, New Mexico: New Mexico Museum of Natural History and Science. 233—248• and Lucas, S. , eds. , 2006, Paleontology and Geology of the Upper Jurassic Morrison Formation. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin 36. 外部リンク [ ]•

次の

最強の恐竜は?恐竜の強さ決定戦に最強ランクの恐竜たちが勢揃い!ティラノサウルス・アロサウルス・スピノサウルス他

ブロント サウルス

スポンサードリンク 最強ランクの恐竜たちの強さ ティラノサウルス 最強の恐竜はと聞かれて多くの人が頭に浮かべるのは、やはり恐竜の代名詞と言える ティラノサウルスだと思います。 ティラノサウルスは地球史上最大級の肉食動物と言われており、実際にティラノサウルスが生息していたジュラ紀後期において食物連鎖の頂点にたつ 最強の恐竜でした。 肉食恐竜の中でも巨大な体格と強力な顎によって、自分よりも大きな草食恐竜や頑丈な装甲を持つ恐竜を遅い、全ての恐竜から恐れられる存在だったに違いありません。 実際に発掘された恐竜の化石の中には、ティラノサウルスに襲われた傷あとが残っている恐竜も多いようです。 ただそんな最強に相応しいティラノサウルスですが、最新の研究によるとこれまでのティラノサウルスの学説とは異なる意見も浮上しているようです。 詳しくはこちらの「」で解説しているので、気になる方は合わせてどうぞ。 アロサウルス アロサウルスはジュラ紀後期の時代に生息する大型の肉食恐竜で、その時代の食物連鎖の頂点に君臨する 最強の恐竜として知られています。 体長は12~13mほどでティラノサウルスほど大きくはなく、また頭骨も他の肉食恐竜と比べて小さかったことから、噛む力はそこまで強くなかったのではないかとも言われています。 ただし、他の肉食恐竜よりも体重が軽くスリムな体型をしているため、機敏な動きで他の大型恐竜よりも足が速かったと考えられています。 一説によると 時速60kmの速さで走ることもできたと言われており、スピードを活かした狩りを行うアロサウルスは他の恐竜たちに恐れられる存在だったに違いないでしょう。 スピノサウルス スピノサウルスは白亜紀前記から後期にかけて生息する肉食恐竜で、ティラノサウルスと同じ、またはそれ以上の大きさと言われる 大型の肉食恐竜です。 ティラノサウルスと生きた時代が同じであったことから、「 ティラノサウルスVSスピノサウルス」だとどっちが強いのかといった議論をされることが多いです。 スピノサウルスの特徴として、 ワニのような長い頭を持っており、2m近い大きさであったことが分かっています。 ワニのような口には鋭い歯がたくさん並んでおり、魚やサメなどを襲って食べていたようです。 モササウルス モササウルスは白亜紀後期に生息した海に生息した、正確には恐竜ではなく 海棲爬虫類という分類の生物です。 海に生息していた生物の中でも最強の肉食生物と言われており、その大きさは 体長20mというクジラにも引けをとらない巨大さでした。 映画『ジュラシックワールド』ではティラノサウルスと互角に戦ったインドミナス・レックスを、モササウルスは一瞬で飲み込んでしまう衝撃的なシーンがあります。 あくまで映画なので実際の強さは分かりませんが、強さと大きさがある程度比例する動物界において、体長20m近いモササウルスは圧倒的な強さだったのかもしれません。 モササウルスについてはもっと詳しく知りたいという方は、こちらの「!」も合わせてどうぞ。 ギガノトサウルス ギガノトサウルスは白亜紀後期の南アフリカ大陸に生息していた、 最大級の大型肉食恐竜です。 全長は13. 2mほどであのティラノサウルスよりも体長は大きく、横幅も広く非常にガッシリとした体型をしています。 顔の長さは2メートル近くあり、非常に強い顎の力を持っていましたが、頭蓋骨は意外と細長いためティラノサウルスよりは噛む力は弱かったとい考えられています。 ギガノトサウルスは複数個体がの化石がまとまって発見されたことから、 集団での狩りをしていたのではないかとされています。 もちろん一人でも最強クラスに強いギガノトサウルスですが、集団で狩りをしていたとなると他の恐竜にとっては非常に恐ろしい存在だったに違いないでしょう。 アクロカントサウルス アクロカントサウルスは白亜紀前記に生息しており、体長12~13m近い大型の肉食恐竜です。 サメのように 何度も生え変わる歯を持っていましたが、厚みが少なく折れやすい歯であることが分かっています。 白亜紀前記の時代では最強の恐竜と言われることが多く、肉食恐竜の中では比較的しっかりとした丈夫で鋭い鉤爪が大きな武器となっています。 また、大型の肉食恐竜の中では動きも機敏で、時速40kmで走ることもできため、機動力と鋭い爪を活かした攻撃で獲物を仕留めていたのでしょう。 カルカロドントサウルス カルカロドントサウルスは白亜紀前記に生息した大型の肉食恐竜です。 体長は大き な個体で14メートルほどで、肉食恐竜の中でも最大級の大きさです。 カルカロドントサウルスは生きた獲物を捕獲するのに特化した非常に 鋭い歯を持っており、カルカロドントサウルスの名前も「 鋭い歯を持つトカゲ」という学名がつけられているほどです。 シアッチ・ミーケロルム シアッチメーケロムは白亜紀後期の北アメリカに生息する肉食恐竜で、 ティラノサウルスが登場するまでは最強の恐竜として君臨していたとされています。 正確にはティラノサウルスも同じ時代に生息していたのですが、その次代のティラノサウルスはまだ体長もかなり小さかったためシアッチメーケロムの敵ではなかったとされています。 ただし、シアッチメーケロム自身の体長も8mほどしかありませんので、大型化したティラノサウルスの前ではさすがに敵わないでしょう。 アルバートサウルス アルバートサウルスは白亜紀後期に生息した、ティラノサウルスより一周りほど小さな肉食恐竜です。 アルバートサウルスの歯は変わった構造をしていて、歯の下にはもう一つの歯が用意されていて、万が一歯が折れても直ぐに生えてくるような仕組みとなっています。 体長は8mほどしかないため、ティラノサウルスのような大型肉食恐竜と比べると小さく、他の最強クラスの恐竜達と比べると少し体格面で劣っていると言えるでしょう。 セイスモサウルス セイスモサウルスはジュラ紀後期の草食恐 竜ですが、巨大な恐竜の中でも全長33mを超える史上最大の恐竜です。 草食恐竜ということで他の恐竜たちを襲うことはありませんが、大きさと強さが基本的に比例する動物界において、圧倒的なその大きさは 凶暴な肉食恐竜たちをも寄せ付けない強さであったかもしれません。

次の

ブロントさんとは (ブロントサンとは) [単語記事]

ブロント サウルス

ajax , を参照のこと アパトサウルス 英名 Apatosaur• Apatosaurus ajax• (異名)の1つに有名な ブロントサウルス Brontosaurus がある。 学術的でない言い回しをするなら、かつては学名を Brontosaurus とされ、日本語では「(さらに古くは、ブロントザウルス)」「雷竜(かみなりりゅう、らいりゅう)」などの名で呼ばれていた恐竜である。 2015年の研究で「アパトサウルス」と「ブロントサウルス」とは別属との発表がある。 呼称 [ ] 学名 [ ] () Apatosaurus は: (アパーテー)「騙す、まやかす」および (サウロス)「」の合成語で、「惑わせ竜」とでもいった含意。 ほか、 excelsus はラテン語で「高みなる」「気高い」「上位の」といった意味。 louisae 「ルイーズの」はアメリカの実業家の妻ルイーズ・カーネギー Louise Carnegie への。 parvus はラテン語で「小さな」の意であるが、元の学名 Elosaurus parvus からの継承である。 ではこれが「 雷竜」と訳されたまま、 Apatosaurus の名が普及した今でも用いられる場合がある。 名では「 雷龍(: 雷龙)」が Apatosaurus に対しては用いられなくなり、 Apatosaurus にはその漢訳名である「 迷惑龍(簡体字: 迷惑龙)」(中国語「 迷惑」は「惑う」「惑わす」の意)が用いられている。 なお、日本語の「雷竜」の読みには「らいりゅう」と「かみなりりゅう」があり、後者が一般的と言えるが、これはであって学術的に用いられることは無い。 生物的特徴 [ ] 分類 [ ] 表記内容は左から順に、、仮名転写(言語的揺らぎによる別の読み)、英語名(ある場合のみ)、特記事項。 シノニム [ ] Apatosaurus の(異名)には下記の2名がある。 Brontosaurus , (古くは、jc: ブロントザウルス) Brontosaur• Elosaurus Peterson et Gilmore, エロサウルス Elosaur 下位分類 [ ] 下位分類は2が知られている。 それぞれの名の由来については「」の節を参照のこと。 Apatosaurus ajax , アパトサウルス・アヤクス(la :アジャクス、en: アジャックスとも称) :。 Apatosaurus louisae , アパトサウルス・ロウイサエ(jc: ルイザエ、ほか) ブロントサウルスの名称問題 [ ] 発見された化石に Brontosaurus (:ブロントサウルス、古くは、ブロントザウルス)というをつけたのは、発見者であるのである。 彼はその当時、同業のと恐竜の化石発掘を競っており(参照)、同じ種に別の名称をつけることがしばしばあった。 先に論文を発表したほうに学名のが与えられていたため、多少間違えていても相手より先に論文にしていたのである。 に、米国にあるの館長()が再検討したところ、ブロントサウルスの発見以前にマーシュが発見していたアパトサウルスが、ブロントサウルスの若い個体であるとされたがゆえに、「先に発表していた学名が正式名称になる」という規則に従って、この種は Apatosaurus (アパトサウルス)という学名に変更された。 しかし、リグスの論文は一般には知られることなく、 Brontosaurus (ブロントサウルス)の名称は各地の博物館や一般書などでその後も広く使われ、普及することになった。 アパトサウルスという正式名称が広まりつつはあるが、の現在でもブロントサウルスという名称の方に馴染みのある人は多い。 一方で、 Brontosaurus (ブロントサウルス)と命名されていた化石骨格は、アパトサウルスの胴体にカマラサウルスの頭骨が載る等、複数種の化石の混同によって復元されていた事が判明し、現在ではその名称自体が無効になっている。 分布 [ ] はの下部()から発見される。 行政区分名等で言えば、、、、近郊の()、および、ナインマイル採石場()などがそれである。 頭部の比較 上:アパトサウルス 下: までは、あまりに体重が大きいため、陸上を歩くことができず、湖沼に棲息していたという見方が定説となっていて、が重くに多くの空洞があってが低位置にあること、首が長いこと、が頭の上部に開口していることなどが水中生活に適応した証拠とされていた。 その後、アメリカ人古生物学者らの研究により、陸棲であったことが明らかになっている。 のような大型の恐竜では、死後、堆積物に埋没されるまでに時間がかかるため、骨がばらばらの状態で化することが多く、特には早い段階で失われてしまう傾向にある。 アパトサウルスの場合も、完全に近い骨格が得られていたにもかかわらず、頭骨のみ長い間発見されなかったため、近縁と考えられたを参考にした頭骨復元がなされていた。 すでにには「むしろを参考にして頭骨を復元するべきである」との見解が唱えられていたが、の展示でも依然としてカマラサウルスに似た頭骨が使われてきた。 、より完全な標本の調査や頭蓋骨の発見により、アパトサウルスがディプロドクスと近縁であることが判明し、ディプロドクスを参考にした頭蓋骨で復元されるようになった。 細長いディプロドクスと異なり、カマラサウルスのようなややずんぐりした体形であるが、ディプロドクスと共通ののような尾を持っていた。 製の特撮映画『』()にも登場。 なお、「ロスト・ワールド」「キング・コング」では、獰猛で俊敏な肉食恐竜としても描かれた。 脚注 [ ] []• Foster, J. 2007. "Appendix. " Jurassic West: The Dinosaurs of the Morrison Formation and Their World. Indiana University Press. 327-329. Holtz, Thomas R. 2008 Dinosaurs: The Most Complete, Up-to-Date Encyclopedia for Dinosaur Lovers of All Ages ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 関連項目 [ ]• "":による科学エッセイ集。 ブロントサウルスの名称上の消滅を恐竜ファンの視点から嘆く所蔵エッセイの一遍を書名とした。 邦題『がんばれカミナリ竜』 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の