ヒゲダン 君は綺麗だ。 〈「とても綺麗だ」〉は〈僕〉と〈君〉以外の第三者目線のメッセージ

ヒゲダン髭男「Pretender」MP3をダウンロードして無料視聴する方法!歌詞の意味も

ヒゲダン 君は綺麗だ

君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まればひとり芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry... そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

コンフィデンスマン2019映画主題歌歌詞の意味は?挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!

ヒゲダン 君は綺麗だ

どうもこんにちは、ひいらぎ です。 2018年に大きなフェスやイベントに露出する機会が増え、一気に認知度が上がったOfficial髭男dism(ヒゲダン)。 Pretenderという多くの人を魅了したラブソングで一気に有名になりましたよね。 今回はそんな ラブソングを根本的から覆す存在とも言えるOfficial髭男dism(ヒゲダン)のオススメ曲・人気曲をご紹介したいと思います。 もし、Official髭男dism(ヒゲダン)をまだ知らない方がいましたら、下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧になってからこの記事をお読みください! Official髭男dism ヒゲダン のおすすめ曲・人気曲 第1位:Pretender はい。 個人的なオススメ曲としても、人気曲としても堂々の一位の ラブソングだと思います。 この曲はとても聴きやすく聴く人の心に残る素晴らしいメロディーなのですが、 この曲のすごいところはメロディーよりも歌詞にあるんです。 普通、ラブソングというのはすべての人の心に響くように作るために、どうしても「好きだ」「愛している」などの万人ウケする薄っぺらい歌詞が歌われがちなのですが、このPretender曲はこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞をしています。 「Pretender」注目の歌詞 グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 Pretender -Official髭男dism ヒゲダン 一番サビの後半部分の歌詞。 先ほどPretenderはこのラブソングの常識を根底から覆すような歌詞だ。 と紹介しましたが、この「君は綺麗だ」という歌詞が ラブソングを根底から覆す歌詞なんです。 いままでのラブソングだったら、ここの歌詞は「君が大好きだったんだ」など万人受けする薄っぺらな歌詞が使われていたでしょう。 しかし、 Pretenderでは「君は綺麗だ」と表現しているわけです。 こんだけ熱く語っていて結局何がすごいんだよって感じですが、簡単に何がすごいかというと、 失恋してまだ諦められない複雑な気持ちを万人受けしない「綺麗」という2文字だけで聴く人すべてに想像させることができている点なんです。 「好きだ」「愛している」なんて言葉を使わなくてもこの切ない複雑な気持ちを表現できる。 しかも歌詞を変えた理由が、「 大きなイベントやいろんなライブに出させてもらって得た経験から色々感じたから」だそうで、Official髭男dism ヒゲダン ファンとしては、絶対に聴き逃せない一曲となっています。 「Stand By You」注目の歌詞 Stand By You いつも Stand By You 涙のターミナル 並んで立っている Stand By You いつも Stand By You 未来がハイになる 君と歌になる Stand By You -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビの前半部分です。 ここの部分にちょくちょく入る合いの手がいい味を出しているんですよね。 また、ちょっとネタバレになってしまいますが、このStand By Youという曲は藤原さんがOfficial髭男dism ヒゲダン のメンバーに対して歌っているかのように解釈できるんですよね。 歌詞の意味を考察してから改めて見るとさらに泣ける部分です。 ラブソングに定評があるOfficial髭男dism ヒゲダン としては少し独特な曲ですが、 Official髭男dism ヒゲダン の意外な一面も知れるいい曲です。 「宿命」注目の歌詞 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光り輝くから 切らないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして暴れ出すだけなんだ 宿命 -Official髭男dism ヒゲダン 1番サビ部分の歌詞です。 ここの「奇跡じゃなくていい 美しくなくていい」という歌詞に「試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、(中略)言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 」という想いを藤原さんが込めたそうです。 甲子園といえば奇跡に近い熱いドラマが注目されがちですが、すでに甲子園に出ていることが「 奇跡」なのかもしれませんね。 この曲は、フジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌のために書き下ろされた一曲です。 一般的にドラマや映画、アニメのために書き下ろされた曲って、なんだか内容が薄い曲に仕上がりがちですよね。 ですが、この「ノーダウト」という曲はそんな 常識を見事に裏切ってくれています。 ドラマの主題歌だから・・・と聴くのをためらわずにぜひ一度お聴きください! 「ノーダウト」注目の歌詞 早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて 誰に何度 裏切られても 目を 覚まして 笑って One more time ノーダウト -Official髭男dism ヒゲダン この曲は、魔法のように簡単に広まってく噂話をされてしまった主人公が嘘をついてしまうというようなストーリーになっているんですが、(詳しくは解釈記事をみてください)ここで初めて主人公の心のうちが伺えるんですよね。 騙したいわけではないのに自己防衛のために騙してしまう。 そんな悲痛の叫びを歌っているのでしょう。 曲の音を聞いた瞬間から「 あぁ、好き」となれるいい曲ですので、聞いたことがない方は是非聴いてみてください! 「115万キロのフィルム」注目の歌詞 きっと10年後くらいにはキャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのにこんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも山ほど見せるだろう 115万キロのフィルム -Official髭男dism ヒゲダン 2番冒頭の歌詞です。 この曲の曲名の由来は、 20歳~100歳までの80年間。 人生をビデオカメラで回し続けたらフィルムの長さが約115万キロになるということからきているのですが、その人の人生に関わる人のことを「キャスト」と表現しているのがすごいいいんですよね。 ウキウキした未来がくるかのような気分にさせてくれるいい曲だと思います。 ポップな曲調で描かれるラブソングに注目してみてください! 「SWEET TWEET」注目の歌詞 愛する君の声がどんな歌より素敵なんだ 聴けば心が踊りだす なんてステキな恋なんだ! 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 愛する君の声はメロディ 恋する僕刻むメモリー 曲のラストの部分の歌詞です。 「愛する君の声がどんな歌より素敵」という歌詞がすごい グッとくる歌詞ですよね。 1位のPretenderでも書きましたが、「愛する君の声がどんな歌より好き」と歌詞にすればいいものを、「愛する君の声がどんな歌より 素敵」という歌詞にしているところが、 安っぽくなくてOfficial髭男dism ヒゲダン らしいですよね。 メロディーだけでなく、歌詞にも力を入れる。 そんな曲との向き合い方をしているからこそ、ここまで人気になったのかもしれません。

次の

〈「とても綺麗だ」〉は〈僕〉と〈君〉以外の第三者目線のメッセージ

ヒゲダン 君は綺麗だ

そうすることで、聴き手は曲をフルで聴きたくなると思うんです。 BUMP OF CHICKENの楽曲も同様で、例えば「K」では、ホーリーナイト(Holy night)と名付けられた黒猫が死んでしまった後に、飼い主の恋人から名前にアルファベット一つ加えられて埋められる場面があります。 で、最後に〈聖なる騎士を埋めてやった〉というフレーズがきて、タイトル「K」の意味が明らかになる。 最後まで聴き手を飽きさせない展開ですよね。 ヒゲダンは、BUMP OF CHICKENに比べてストーリー性というよりも登場人物の感情を表す内容になっていますが、構成としては重なる点があると思います。 ーーたしかに。 しかし、最近ではこうした歌詞構成はあまりみられないですよね。 zopp:実は歌謡曲でもこうした構成はよく使われていたんです。 ただ、昨今このような構成が珍しくなったのはタイアップ商業主義によるものなのではないかと思います。 特にCMで起用されればサビが大量にテレビで流れますし、視聴者はそのサビを何回も聴きたいはず。 そのため、同じサビを繰り返す楽曲が好まれていったのではないかと思っています。 しかし、昨今はサブスクも珍しいものではなくなりましたし、そういった売り方はされなくなってきているのかもしれません。 ーーリスナーの需要によって歌詞の構成も変化していくという指摘は興味深いですね。 zopp:とはいえ、同じサビを繰り返すことが悪いわけではないんです。 繰り返しがない歌詞は「言えることが増える」という利点があるのでストーリー性のあるものに向いています。 一方でサビを同じパターンにしている歌詞はその楽曲のなかで一番伝えたいメッセージを強調することができるというメリットがある。 僕は、自由に作詞していい楽曲に関しては、そういった利点を考えた上で自分の中でコントロールしていますね。 ーーなるほど。 zopp:あと、藤原さんがインタビューで「Pretender」の〈「とても綺麗だ」〉は〈僕〉と〈君〉以外の第三者目線のメッセージであると明言されていたことが印象的でした。 もしかしたら、ヒゲダンの楽曲に含まれた最後のフレーズは、藤原さんの率直なメッセージなのかもしれません。 例えば「宿命」だったら、彼が本当に伝えたいことは、宿命によって〈暴れ出すだけなんだ〉ではなく、〈立ち向かうだけなんだ〉の方を伝えたいのかもしれないですね。 zopp:そうですね。 韻を踏むこと以外にも斬新なギミックをいくつも取り入れられていて、藤原さんは非常に興味深い書き手だと思います。 2 current.

次の