保育園 服。 保育園児にブランド服、どう思いますか?

保育園で服がなくなる!間違えられたトラブル事例と対応や予防の仕方

保育園 服

スポンサーリンク 服に名前を直接書きたくない時は? 服に直接マジックで名前を書かないにしても、とても面倒くさ かったり、難しかったり、多少汚れてしまうのは仕方がない! だったら意味がありません。 では、材料です。 用意する物は至って簡単です。 ネームテープです。 ネームテープはアイロンで貼り付ける物をご用意下さい。 普通に洋服に貼ったのでは、剥がす時大変ですし、糊が残ってしまう事が多いです。 ですので、 貼り方を工夫します。 ネームテープも色々な会社から販売されておりますが、私はいつも 100均で買っております。 このネームテープ なまえテープとも言う? を、服に直接貼るのではなく、 服のタグを利用して、そのタグにリング状に取り付けます。 洋服と言えば、タグのついている場所は大抵2か所です。 「首の後ろ」・ 「左脇」です。 首の後ろのタグと言えば、長方形のタグだけの物と、長方形のタグの下に サイズ表示の小さなタグが付いている場合があります。 だいたい中温で15秒~20秒です。 お名前スタンプは、スタンプが乾いた後にアイロンをかけると、より落ちにくく なるので、接着部分にちょうど名前を押しておくと、接着と色落ち防止と両方同時に 出来るので、一石二鳥です。 赤丸の字はちょうど接着部分なので、アイロンをかけた字です。 黒丸の字は、タグの上の部分になるので、アイロンはかけれません。 画像は数回洗濯した状態の字です。 やはり、アイロンをかけた方の字ははっきりと濃いですが、アイロンをしていない 字は、薄くなっています。 剥がそうと思っても、かなりの強さでくっついています。 目立つ位置に書く事により、自分のお子さん自身も分かりやすいですし、お友達も分かりやすい ので、間違えられにくくなります。 かと言って、服の表面にデカデカと名前を書く訳にはいきませんので、やはりトップス なら、 首の後ろのタグの場所が一番目立っていいでしょう。 左脇のタグは、服が裏返しになっている時は見やすいですが、裏返しになっていないと、 パッと見では分からないですよね。 ですが、首の後ろのタグなら、服が裏返しであろうがなかろうが、どっちの場合でも 見えます。 先生なら誰の服が分からない場合は、首のタグか左脇のタグ両方をチェックしてくれる と思いますが、子供たちの場合はいちいち中にある脇のタグを見ません。 ですので、首のタグと脇のタグ両方に記名しておくのがベストですが、一か所だけ にする場合は、やはり首のタグの所が目立ってよいでしょう。 では、ズボンやスカート等のボトムの場合はどうすれば良いでしょうか? ズボンやスカートもしっかりと目立つ場所に記名しようと思えば、 腰の後ろのウエスト 部分がお勧めです。 では、これを使ってズボンの目立つ場所に名前書きのスペースを作ってみたいと 思います。 コットンテープをカットして、そのまま縫い付けてしまうと、端がどんどんほどけて いってしまいます。 そして、気を付けないといけないのが、2点あります。 まずは、 「コットンテープの長さと付け方」です。 これはどういう事かと申しますと、ウエスト部分は履く時に伸ばしながら 履きますが、コットンテープを両側で固定する為、その部分の生地は伸ばせなくなり ますので、その距離が長いと、履く時にそれだけ影響します。 ですので、必要最低限の長さにしましょう。 そして、コットンテープをピーンと張った状態で両端を縫い付けるのではなく、 すこ~しだけ余裕を持たせて ちょこっと指先が入るぐらい)縫うと、ウエスト 部分を伸ばしても影響が少ないです。 あまりゆるゆるで付けると見た目も悪いですし、名前も見にくいです。 次に気を付ける点は、縫い付ける時に、ズボンやスカートの中の 「ゴムまで一緒に縫い付けない」 という事です。 表面の生地だけをひろって縫うようにしましょう。 服の名前付けでアウターの時は? 冬に着るジャンバーやコート等は、着る季節も限定されていますし、お値段も他の アイテムと比べるとやっぱり高いですよね? ですので、確実に下の子のお下がりにまわしたいですし、ブランド物だったらリサイクや オークションでも高値で買い取ってくれるかもしれません。 そんな場合にお勧めの名前付けの方法は、ネームリボンを使う方法です。 付け外しも簡単ですしね。 簡単ですが、肌に直接触れる事になる洋服には不向きだと思いますので、アウターに 利用するのがピッタリです! アウターになら、ネームリボンが邪魔に感じる事なく着用できます。 サイズもデザインも色々ありますので、お好みの物をお選び下さい。

次の

保育園の服 名前を入れる場所は?ひらがな・フルネームで書くの?!

保育園 服

保育園準備、服の選び方 シンプルな服を選ぶ 基本的に、シンプルな物を選びましょう。 保育園の先生たちは一人で何人もの子供達を相手にしているので、服の上下の組み合わせを考える余裕は無いです。 無地と言っても、ワンポイントまでは大丈夫ですよ。 フードや飾りの無い服を選ぶ フードや大きい飾りはNGです。 どこかに引っ掛かったり、引っ張られて怪我をする危険性があるからです。 フードが無いトレーナーや、飾りボタンや大きなリボンが無いTシャツを選びます。 首元のプラスナップは、ついている物を選ぶのが正解。 プラスナップ有りTシャツの方が、着脱させやすく、洗濯ハンガーに干すのも楽チンですよ。 ジャストサイズの服を選ぶ 袖が長すぎる長袖Tシャツや裾が長すぎるズボンは、保育園によっては、折って縫うように指示されます。 袖の長い長袖Tシャツは活動しづらいし、裾の長すぎるズボンは怪我に繋がるからです。 長く着せたいからと言って少し大きめの物を選ぶと、買ったズボン全部裾上げなんてことに。 しかも、袖や裾を折って縫うと、 隙間から砂が入るし、 洗濯した時になかなか乾かないなどの難点があります。 長袖Tシャツとズボンは、なるべくジャストサイズの服を選びましょう。 少し大きめサイズの物を用意したいなら、 春に七分丈の服を選びましょう。 少し成長しても初夏まで着ることができますよ。 半袖Tシャツや半ズボンは、ワンサイズ上でも問題ありません。 スカートはNG 大抵の保育園では、スカートはNGです。 スカートは、遊具やドアに挟まったり、お友達や自分が踏んで怪我をしたりする可能性があるからです。 保育園用の服は少しお尻が隠れるチュニック丈ぐらいに留めて、可愛いスカートは休日用にしておきましょう。 キャラクターものは? キャラクターが大きくプリントされたTシャツやトレーナー。 大好きなキャラクターと一緒に登園すれば心強いのですが、お友達とのトラブルになる可能性があるため、キャラクターものはNGとなっている園もあります。 ・半袖Tシャツ ・肌着 ・半ズボン キャミソールだけ着せるのは? すごく暑くても、 キャミソールだけを着せるのはNGです。 Tシャツもしくはタンクトップにしましょう。 タンクトップもダメな場合があるので確認しておきましょう。 夏でも肌着はあったほうが良い? 保育園によってはTシャツ1枚でと言われることもありますが、 特に指定がなければタンクトップの肌着をおすすめします。 たくさんかいた汗が服に吸収されずに肌に残っていると、体が冷えて夏風邪をひいてしまうことがあります。 汗を吸収する役割を担うのは、Tシャツではなく肌着です。 夏でも肌着はあったほうがいいです。 ワンサイズ上でも大丈夫 夏服に限っては、ワンサイズ上でも大丈夫です。 半ズボンなら、裾が少し長くてもつまずいて転ぶことはありませんからね。 汗で服が肌に貼り付いても、ワンサイズ上なら脱がせやすいので便利です。 秋 入園当初はお座りどころか寝返りもできなかったけど、上下分かれた服で登園したわよ。 着替えは多めに用意しよう 吐き戻し、食べこぼし、おむつ漏れなど、0歳児は着替える機会が圧倒的に多いです。 よだれかけ禁止・エプロン禁止・布おむつの保育園に通う娘は、一日に3回は必ず着替えをしています。 着替えは多めに用意しておきましょう。 1歳 着せやすい・着やすい服 1歳になると、自分で歩けるようになり、周りのことにたくさん興味を持ち動き回ります。 着替えさせようとしても、なかなか大人しく着替えさせてくれません。 保育園の先生が着せやすい服を選びましょう。 自分で、少し着替えられるようになってくるのもこの時期。 袖に腕を通すだけでも自分でできるように、着やすい服を選んであげましょう。 ロンパースタイプの肌着はNG お腹が冷えてしまうのでロンパースタイプの肌着を着せたいところではありますが、 保育園はロンパース禁止です。 ズボンの中に肌着をきちんとしまえるように、少し大きいサイズを選んでおくといいでしょう。 2歳以降 自分で着替えやすい服 2歳になると、着替えの練習が本格的に始まります。 自分で脱いだり着たりしやすい、 細身ではなく少しゆとりのある服を選んであげましょう。 着替えの練習には、 服の前後がわかりやすい服もおすすめです。 ズボンなら、 お尻にポケットがあるものを選びます。 Tシャツなら、 前面に大きな模様がついているものを選びましょう。 動きやすい服 1歳よりもますます活発に動き回るようになるので、裾や袖が長すぎるものは危険です。 元気に走り回れるような服を選びましょう。 まとめ 保育園用の服を準備するときのポイント ・シンプルな服を選ぶ ・フードや飾りの無い服を選ぶ ・着替えやすい服 ボタン無し を選ぶ ・ジャストサイズの服を選ぶ ・スカートはNG ・キャラクターものは園による 季節毎におすすめの服装 季節 服装 春 長袖Tシャツ・肌着・ズボン・薄手の上着 夏 半袖Tシャツ・肌着・半ズボン 秋 長袖Tシャツ・肌着・ズボン・薄手の上着・薄手のベスト 冬 長袖Tシャツorトレーナー・肌着・ズボン・上着 年齢別の注意点 年齢 注意点 0歳 ロンパースは服も下着もNG・着替えを多めに用意する 1歳 着せやすく着やすい服を選ぶ・ロンパースタイプの肌着はNG 2歳以降 自分で着替えやすい服を選ぶ・動きやすい服を選ぶ 保育園用の服を準備するときの選び方と、季節毎のおすすめ、年齢別の注意点をご紹介しました。 キャラクターもの・長袖肌着・トレーナーの3つは、園によって方針が違うので、購入前に必ず確認です。 保育園用の服装にはきまりがたくさんありますが、準備するポイントを押さえて、時間にもお金にも余裕のある保育園準備を進めていきましょう。 保育園用の服の枚数については、こちらの記事を参考にしてください。

次の

保育園の物に名前書きたくない!大事な子供服の名前付けおすすめ方法

保育園 服

保育園ではダメな服装3 前びらきのシャツ 前びらきシャツとは、「 ボタン、ファスナーなどで前を止める形状のシャツ」のことです。 上着は別です。 保育園児の服は基本かぶり、 Tシャツです。 前びらきがダメとされる理由は、特に低年齢のうちは 「ボタンなどを自分でうまく止められないこともあるから」です。 自立を促す(自分のことは自分で)観点と、保育士さんの手間を考慮して、だと思います。 保育園ではダメな服装4 つなぎの服 まだ座れないような低月齢の子を除き、 つなぎの服は全面的にダメというところもあります。 つなぎの服とは、「カバーオールやワンピースやオーバーオールなど」です。 我が家の子の通う園では、座れるようになったら ロンパースの下着すらダメでした。 理由は前開きのシャツと同様、 「自力での着替えが難しい、保育士さんの手間の削減のため」です。 保育園ではダメな服装5 スカート 女の子の場合、 スカートは禁止のところが多いです。 ひらひらが引っかかるからダメなのか、まくれるからダメなのかは保育園の考え方次第です。 それでもオシャレしたいのが女の子。 「スカンツ」という、スパッツとスカートがくっついたような服については、 施設によって対応が違います。 引っかかるからダメ、と言うことであればスカンツも難しいですね。 保育園ではダメな服装6 タイツ 足先まで覆う タイツもダメなところが多いです 理由は「滑るから」「体温調節がしにくいから」など、保育園によって異なります。 そもそも通う保育園が、裸足育児か上履き着用にもよります。 裸足育児の場合、タイツは滑るからダメ。 脱ぐのが前提です 上履き着用の場合でも、保育園は基本的に薄着推奨なので、重ね着は好まれないため、体温調節の観点から避けるよう指示されることがあります。 保育園ではダメな服装7 裏起毛素材(ボア素材) 冬場ですが、 裏起毛素材は避けるようにいわれることがあります。 子供は体温が高く、暑すぎる、体温調節が難しい、などの理由です。 もちろん地域によって異なります。 我が家が通っているのは東京の保育園ですが、裏起毛素材については極力避けるよう言われています。 保育園ではダメな服装8 機能性素材の服 機能性素材とは具体的にいうと、 ヒートテック代表とする、湿気を取り込むことで暖かくなる素材の服です。 冬場、大人は手放せないヒートテックなどのあったたかくなるシャツですが、保育園では避けるようにいわれることがあります。 裏起毛素材と同じ理由で、「 子供には暑すぎる、体温調節しにくい」からです。 保育園は自由服ですが服装の決まりは多めです 幼稚園は制服があることが多いですが、保育園は基本自由です。 が、意外なほどに 服装の決まりが多いです。 今回は私の経験から、よくあるダメな服をまとめましたが、当然ながら園よって差があります。 どこの保育園でも問題ないだろう、服装例は.

次の