横浜 女 学園。 横浜 ギンギン女学園 No.19 大沢あかねさん

横浜平成女学園 横浜・関内 ヘルス|風俗特報

横浜 女 学園

横浜山手212番地にあったアメリカン・ミッション・ホームとプライン、ピアソン、クロスビー から横浜に滞在していたの要請に応えた、 WUMS のらにより(4年)設立。 開港((6年))後の当時、西洋人と日本人の間に生まれた混血児を救うため、また、を支えキリスト教教育を認めない当時の国 への必要性を痛感し、バラの持ち家であった山手の48番館を借り、「アメリカン・ミッション・ホーム」が正式に開設。 しかし、キリシタン禁制の高札が撤去される2年前であり、当初は混血児も女子学生も来ず、母親を亡くしたイギリス人の二人の幼い姉妹の養育から始まったという。 その後(当時・教授)により日本初の「生徒募集・入学案内」がしたためられ、混血児や女子学生だけでなく、やキリスト教に関心のもつ者も多く現れ、彼らはのちに教育、伝道、実業など多様な分野で重要な働きをしたという。 (明治5年)10月、山手212番のロシア公使のために用意されていた、広い土地に移転、日本で最初の女子寄宿学校が作られた。 同年12月に「日本婦女英学校」と改組したが、相変わらず〈ミッション・ホーム〉と呼ばれたり、WUMS の初代会長の名に因んで〈ドリーマス・スクール〉などと呼ばれた。 1875年(明治8年)、プラインは健康を害しアメリカに帰国したが、この頃 Union を「共立」と表現して、〈共立女学校〉と改称し、現在に至る。 ((12年))では、共立女子神学校(1881年(明治14年)偕成伝道女学校として設立)の校舎を残して、校舎の全てが倒壊、または焼失したと記録されている。 学園創立60周年の(6年)、の設計により木造の校舎が竣工した。 これは現在本校舎として使用されており、1988年横浜市指定有形文化財第一号の指定を受けている。 (11年)、で初の制度()上の「中高一貫教育校(併設型)」となる。 これによりを弾力的に取り扱うことが法的に認められている。 沿革 [ ]• が来日。 バラが帰国し、プロテスタント関係者に支援を要請、3人の女性宣教師、、、を教育者として招くことに成功する。 バラの持ち家だった山手の48番館を借り、〈アメリカン・ミッション・ホーム〉を正式に開設する。 これが、現在の横浜共立学園の前身となる。 (なおこの頃は、宣教師は日本語が話せず、授業は英語で行われていたという。 10月 山手212番のロシア公使のために用意されていた土地に移転。 日本で最初の女子寄宿学校が作られる。 12月 〈日本婦女英学校〉と改組する。 依然、〈ミッション・ホーム〉と呼ばれたり、WUMS の初代会長の名に因み、〈ドリーマス・スクール〉などと呼ばれたりするようになる。 プラインが健康を害しアメリカに帰国。 この頃 Union を「共立」と表現して、〈共立女学校〉と改称する。 (この名称を考案したのは、教員だったとされる。 〈偕成伝道女学校〉設立。 により、共立女子神学校の校舎を残して、校舎の全てが倒壊、または焼失。 学園創立60周年の(昭和6年)、の設計により木造の校舎が竣工。 これは現在本校舎として使用されており、1988年横浜市指定有形文化財第一号の指定を受けている。 財団法人「横浜共立学園」設立。 4代目校長をクララ・ルーミス(の娘)が35年間に渡り務めていたが 、第5代目校長に日本人初のが就任する。 WUMS から経済的に独立する。 現校名となる。 で初の「中高一貫教育校(併設型)」に認定される。 校風 [ ] プロテスタント教育だが比較的校則が多く、鞄やコートなどは学校から指定されている。 服装規定や不定期の服装検査も存在する。 また、緊急時の連絡用に携帯電話などの持ち込みは許されているが、通常時は使用は禁止されている。 部活動はステージ系の活躍が見られている。 キリスト教教育も熱心である。 校舎 [ ] に建築された本校舎(設計)は、横浜市指定となっている。 著名な出身者 [ ]• (教育者、創立者)• (婦人運動家)• (教育者)• (元アナウンサー• (フリーランスライター)• (アナウンサー)• (、早稲田大学教授)• (社会学者、神学者、牧師) 交通 [ ].

次の

横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?

横浜 女 学園

POINT01 現場の経験があるあなただから教えられること 当校には業界に華やかなイメージを持って入学してくる生徒がたくさんいます。 しかし、ご存知の通り体力仕事や地味な仕事もたくさんあるのが実態。 専門知識やコミュニケーションスキルをしっかり教えて頂くことはもちろんですが、 現場の経験があるあなただからこそ教えることができる 本質的な仕事の魅力があると思います。 辛いことや楽しいことを含めたやりがいを、 実際の現場で見聞きした経験をもとに伝えていって下さい。 あなたの教育から優秀な人材を多く生み出し、 業界を盛り上げる影の立役者としてご活躍下さい。 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の

恵泉女学園大学

横浜 女 学園

建学の精神 [ ] 3つの柱「聖書」「国際」「園芸」を建学の精神とする。 :自己を尊重し、人種や階級に関わりなく他人を尊重すること• :日本女性が世界を知り、偏見をなくし、それに対峙すること• :自然を慈しみ、生命を尊び、人間の基本的なあり方を学ぶこと 大学の教育理念 [ ] 「自立した女性を育てる」: 1 精神的自立(価値観・世界観):「イエスとノーをはっきり言える人間に」と説いた河井道の教えを源とする価値観や世界観をもつことで可能となる自立 2 孤立ではない自立(協調性・社会性):人間性の根幹に触れるキリスト教教育、広く多元的な視野をもった国際教育、人間関係形成にも重点を置いた園芸教育、さらにこれを生かした体験学習を通して培われる自立 3 経済的自立(就業意識・キャリアデザイン):社会人になるための自覚や就業意識の教育を通して、知識、教養、技術を一人の社会人として身に着ける自立 1 伝統ある女性教育、2 手厚い就職支援、3 一人ひとりを大切に、4 豊富な実体験学習、5 「いのち」を育む教育 <参考:初代学長の村井資長が、河井道の教えから掲げた言葉>• 考える大学:学問の出発は、考えること、疑問を持つこと、批判することにあるとして、真剣に自分で考え活発に討議しあう、考える大学• 平和を目指す女性の大学:平和と共存を担うものとして、社会で活躍する女性を育てる大学• 地球大学:地球規模でものを考え、欧米やアジアに焦点をあわせた文化・語学を学べる大学 大学の特色 [ ]• 必修の共通教養科目として、「キリスト教学入門」「平和研究入門」「生活園芸」が設けられている。 として、FS フィールド・スタディ)やCSL(コミュニティ・サービス・ラーニング)、FT(フィールド・トリップ)、文化現地研修などのプログラムがある。 「」は、文部科学省の2006年度「」選定。 「生活園芸」を中心とする科目では、学生がキャンパスに隣接した農場で有機園芸を体験する。 定期的に検査をクリアしている。 (「生活園芸」は、文部科学省の2007年度「」選定)• 敷地内にはさまざまな花壇が設けられ、一年を通して色とりどりの花々が咲き乱れる。 キャンパス内にあるでは、35種類のハーブが楽しめる他、前庭花壇、ウッドランドガーデン、三日月花壇、キッチンガーデン、ロックガーデン、シェードガーデンなどがあり、草花の苗を育てるガラス室がある。 キャンパスは、「公共の色彩賞-環境色彩10選」 に1989年選定。 テレビや映画のロケ地として数多く使用されている。 国外では様々な大学との協力関係にあるが、特に韓国の大学との緊密な協力関係があることが知られている。 沿革 [ ]• 1929年4月10日 - 恵泉女学園を東京都新宿区神楽坂にて創立• 1950年4月1日 - 恵泉女学園短期大学(英文科・園芸科)を東京都世田谷区に開学• 1987年12月23日 - 恵泉女学園大学設置認可を取得• 1989年4月1日 - 教育課程(国語・英語)を新設• 1990年4月1日 - 日本語教員養成課程を新設• 1992年4月1日 - 国際交流プログラムを開始• 1995年4月1日 - 日本語教員養成課程(主専攻)を新設• 1997年4月1日 - 平和文化研究所を開所• 1997年5月12日 - 多摩キャンパス、情報・園芸・研究棟を起工• 1998年4月1日 - 国際社会文化学科開設• 1999年4月1日 - 短期フィールドスタディ FS 始まる• 2000年4月1日 - 長期フィールド・スタディ FS)始まる• 2001年4月1日 - 人間環境学科・大学院(人文学研究科)開設• 2002年3月8日 - 大学基準協会による相互評価を受け、適合認定を取得• 2003年4月1日 - 園芸文化研究所開所• 2005年4月1日 - 人間社会学部を開設、2学部5学科でスタート:(日本語日本文化学科・英語コミュニケーション学科・)と(国際社会学科・人間環境学科)• 2005年4月1日 - コミュニティ・サービス・ラーニング CSL 始まる• 2006年8月4日 - 「専門性をもった教養教育としての体験学習」が特色GPに採択される• 2007年4月1日 - 大学院に人間社会学研究科開設• 2007年8月6日 - 「教養教育としての生活園芸」が特色GPに採択される• 2009年4月1日 - 大学院人間社会研究科を廃止し、平和学研究科を開設、同研究科は日本で初めて「」で修士号を取れる大学院となる• 2013年4月1日 - 人間社会学部を開設、人文学部文化学科を歴史文化学科へ名称変更• 2014年4月1日 - 人間社会学部人間環境学科をへ名称変更 教育及び研究 [ ] 学部 [ ]• 日本語日本文化学科• 英語コミュニケーション学科• 国際社会学科• 社会園芸学科 大学院 [ ]• 文化共生専攻(修士課程)• 平和学研究科• 平和学専攻(修士課程)• 国際協力コース• 、英米文化学科卒業)• 李泳采 教授。 (・)• (アメリカ・・)• (・)• (英国・)• (・)• (カナダ・)• (・)• (韓国・)• (韓国・ソウル特別市)• (韓国・ソウル特別市)• (・)• (・)• (・)• (・)• (・)• (・) 学生生活・行事 [ ]• 4月:入学式、新入生フェロシップ(全体、学部、学科)、ガイダンス、イースター礼拝、春学期授業開始、健康診断• 5月:ランチタイム・オルガンコンサート、キリスト教強調週間、スプリングフェスティバル(春の学園祭)• 6月:チャペルコンサート• 7月:春学期授業・試験終了• 8月:夏期休暇• 9月:サマーキャンプ、9月卒業式・学位授与式、秋学期授業開始• 10月:河井道メモリアルウィーク• 11月:、恵泉祭(秋の学園祭)、収穫感謝礼拝、クリスマスツリー点火式• 12月:クリスマス賛美礼拝• 1月:春期休暇• 2月:卒業リトリート• 3月:卒業式・学位授与式• 48団体 部、部、部、軽音部、部、部、部、部、部、硬式テニス部、Sylphy、部、ECO多摩部、部、Amigas del Charango、恵話会、シェアリング部、ポニーボランティアTails、芸術創作部夢追人、IBM(イラスト・文章・マンガ)、留学生会など 併設施設 [ ]• 恵泉蓼科ガーデン• 恵泉園芸センター:恵泉女学園が運営するフラワーショップとフラワースクール• 恵泉花と平和のミュージアム テレビドラマ・映画などでのロケの使用 [ ]• 旧:部分• 旧:東京都立南野高等学校部分• 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の